読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どくぴーの備忘録

真面目なことを書こうとするクソメガネのブログ。いつ投げ捨てられるのかは不明

ニューでなハウス

この記事は denari01 Advent Calendar 2016 - Adventar 16日目の記事です

前日の記事は @sonet_sou くんでした.まだ記事が存在しないので楽しみに待ってます

前置き

当記事はでなりの家に泊まりに行った際の記憶とそこから学ぶ一人暮らしに関する知見を並べたいと思います.ちなみにkosen10sにおけるでなハウスの位置づけは以下のツイートに集約されます.

最初に言っておきたいこと

これからでなりの家に関して色々書きますが,とにかく東京で宿を探すのが大変なので泊めていただけることには大変感謝しております.私も来年は多分上京するので誰かを泊めれるような家の環境を保とうと思います.

ニューでなハウスに泊まりに行かせてもらうことになった

実はでなハウスには2回泊まりに行ったことがある.でなりが福井県にいた頃のオールドでなハウス(以下:オールド)に1回.千葉県に行った後のニューでなハウス(以下:ニュー)に1回だ.ちなみにどちらも「カレーメシを食す会」絡みなので同時に @c_bata_ も泊まったことがあることになる.どうでもいいけど「ニューでなハウス」という文字列からは場末のホテルっぽい響きが感じ取れるので個人的には大好きだ.

オールドにはこれ以降触れないのでこの際説明しておくと,2Kでプロジェクタをおける程度の広さで堂々とカレーメシの調理をすることが可能だった記憶がある.地味に家具もいろいろ揃えていたのでなんだかんだ住みやすそうにはしていたと思う.

なんやかんやあってニューでなハウスに泊めていただくことになった時,でなりは「いやぁうち引っ越したばかりだからやばいよ,なんかにおいするし」とか言っていた記憶があるが当時の僕は「いやまさかそんな限界生活みたいなことしてるはずは無いやろwwwww」とか楽観視していた.

Problem 1 : 布団を買う

当時はまだ立川シネマシティでガルパンの上映が続いていたので,僕はガルパンをみて「いいぞ」ってなりながらニューでなハウスに向かった.最寄り駅につくとでなりが待ってくれていたので

「いやぁ引越し代下げるためにほとんど家具処分したんよ」
「まじ?」

とか話しながら駅からちょっと歩いたところにあるニューでなハウスに到着する.お邪魔してみるとなるほど何もない.どれくらい何もないかというと布団すら無いので一体こいつどこで寝ているんだとかそんな疑問がふつふつと浮かんでいると

「これからクソメガネとカレーメシ先輩(@c_bata_)が寝るための布団買いに行く」

と言い出すので最寄りのニトリに行くことになった.最寄りと言ってもGoogle Maps調べで約2kmの距離があり,それを往復でトボトボ歩いて片道30分らしい.「いや車使えよ」となるのだが免許を持っているのが僕(しかも初心者マーク)だけなので当然のように断念する.行きだけは「はえー,いろいろ店あるねぇ」とか言いながら歩いていたが,ニトリでセミダブルサイズの布団を2つ買って帰ろうとした時に僕たちは気づいてしまった.

「えっ,つらくね…?」

いくら軽めの布団を選んだとは言え,2kmをセミダブルの布団を抱えてトボトボ歩くのは流石に厳しい,しかも梅雨の入りくらいでちょっと蒸し暑くなってきたくらいなので,余計に厳しい.そんなこんなでひぃひぃ言いながら帰りは45分位かけてニューでなハウスにたどり着くことができた.

Problem 2 : 風呂に入る

寝る前にシャワーを浴びようとすると,でなりからファブリーズを渡される.「とりあえずこれで服の臭いを抑えとけ」という意味なのかなと思うと,全然違うって顔をするのでとりあえずはいってみると,これは確かにやばいにおいがする.具体的な言及は避けるが,脱衣所によくある洗濯機置場の排水口からどうやら発生しているみたいなのでそこにファブリーズを散布しろということらしいので言われたとおりにする.なんで洗濯機買ってないんだと思ったが,家の目の前にコインランドリーがあるのでそっちを使うと考えるとまぁ大丈夫だろうという感じがする.40回も使えば減価償却できるんじゃね?という気もしなくもないが,多分突っ込んではいけないのだろう.

シャワーを浴びて出てくると,もう一度臭いが立ち込めているので「うへぇ」という顔をしながらもう一度ファブリーズを散布して急いで服を着て脱出する.他の二人がシャワーを浴びている間に「そういえば排水管って2回曲がっててそこに水が溜まって臭いを防ぐんだったよな」ということに気付いたので,二人に「排水口に水流し込んだら臭い止まるんじゃね?」って言って実際に流し込んでみると無事に臭いは止まった.どうやら溜まってた水がなくなったので臭いがダイレクトに届いていたらしい.あとで聞いてみると「排水管から臭いがするのはずっと人が済んでいない証拠って言われまくった」って言われたので色々と察してしまった.最近もう一度臭いがしたらしく,もう一度水を流し込んだらしい.いやいい加減洗濯機買えよ.

Problem 3 : 単純に住みにくい

梅雨の入りとはいえ,別に空調いれないとやっていけないほど暑いと言うわけでもないはずだったのだが,ニューでなハウスはなぜかとにかく暑かった.空調を仕方ないのでいれさせてもらうと,これがどっこい異様に効かない.後々のでなり曰く「夏は死ぬほど暑くて冬は死ぬほど寒い」ということらしいので単純に断熱的な何かが異様に足りてないのではないかという結論になった.

そしてニューでなハウスでまったりしてると突然「ガタガタガタ…」と揺れたりする.@c_bata_ と二人で「え?地震ですか?」みたいな顔をしているとでなりは「あっ,トラックが通っていますね」みたいなことを言う.家が幹線道路に面しており.トラックとかがバンバン通るため,その影響で家がガタガタと揺れるようだ.本当に地震が来たらあっさり倒壊しそうで冗談抜きで心配している.ちなみにニューでなハウスには謎の隆起があったり,すでに床が斜めになっていたりしているので地震が来なくても倒壊しそうとかは口が裂けても言ってはいけない.

最後に,でなりの住んでいる階にはどうやらネットが配線的に届かないらしく,インターネット環境はなんとWiMAXルータでしのいでいた.しかも別に電波がビンビンに入るわけでもない感じだったのでエンジニアとしては本当に厳しい環境だなと一人で考えていた.

以上より得られた知見

どうやらでなりは家賃に目がくらんでニューでなハウスを選定したようだが,「給料の三分の一を家賃に貢がないと人間的な生活は出来ない」と誰かが言うように本当にケチると限界生活が始まるんだなという感想が得られた.内見していればこんなことにはならないのではないかという気はするが,1-3月期の東京での家探しではそうも言ってられない感じなので不安が止まらない.そして,いくらもったいないとは言え家具は揃えたほうがいい.絶対にQoLに響くので最低限の冷蔵庫,洗濯機,電子レンジくらいは揃えようという気持ちになった.いくら「いやぁ家は寝に帰るだけだし〜」と言っても,そもそもその家が寝るだけで苦しい環境とかだと本当に心が折れかねないので,家探しはまじで大切なんだなとでなりの尊い犠牲からえられたので,これから家を探すにあたって,住みよい家に出会えるように努力をしていきたい.

最後に

ニューでなハウスのことを散々言いましたが,本当に泊めていただいたことには感謝をしております.Thanks a lot for denari's kindness.

叶うならば,でなりがもっといい家に住めますように…