読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どくぴーの備忘録

真面目なことを書こうとするクソメガネのブログ。いつ投げ捨てられるのかは不明

#kosen10s slackでの自分のemojiのつくりかた

これは #kosen10s Advent Calendar 2016 - Adventar の4日目の記事です.

昨日の記事はこちらでした

www.zopfco.de

言い訳

昨日の記事で上がったハードルが高すぎる

技術系アドベントカレンダーに取り上げられたりしてるらしいですが僕は技術の話はしません.ご了承を

kosen10s slack

初日でもなっちゃんid:marin72_com )が言及していましたね

marin72.hatenablog.com

こんな感じでやいのやいのしているわけですが,emojiに関してルータ芸人( id:puhitaku ) も言及したので自分もemojiの話をします.

How to make emoji

自分はMacを使ってるのですが,Macに標準でついてくる「プレビュー.app」がやけに高機能なのでこれを使えば簡単に透過画像を作れます.プレビューのくせに…

画像をもってくる

適当なフリー素材でも探してきましょう.

プレビュー.appで編集する

プレビュー.appで開いて,編集機能を出します.

f:id:e10dokup:20161204104945p:plain

すると出てくるツールバーの中に「インスタントアルファ」があるので,選択しましょう.

f:id:e10dokup:20161204105132p:plain

「インスタントアルファ」は,ドラッグした部分の色合いに近い箇所を全部選択するツールです.ドラッグの長さで選択する領域の微調整も出来ますが,今回は白背景なのでそのまま選択してdeleteキーで全部背景を抜いてしまいます,

後はこれのサイズを縦・横両方128px以下になるようにして,Customize SlackからEmojiに登録しましょう.これで完成です.白背景なら簡単に背景を抜いて透過できるので楽なのですが,アニメのキャプチャなど,空や木がはいって背景が単色ではない画像などでも,うまいことそれぞれの色に合わせてインスタントアルファを描けたり,矩形選択や投げ縄選択を使ったりして微調整しながら比較的簡単に背景を抜くことが出来ます.

ね?簡単でしょ?これで皆も絵文字量産おじさん!